投稿一覧画面がおかしくなったのはALL in One SEO Packのせい。

目安時間:約 2分

hyoujihen

ダッシュボードで投稿一覧を開いた時、
画面のデザインがおかしくなってお困りじゃありませんか?

それ、もしかしたらAll in One SEO Packをいれたからかもしれませんよ。

 

原因は多分ここ

ダッシュボード画面ALL in One SEOの一般設定をクリックし
下の方にある「表示設定」の「カスタム投稿タイプの列ラベルを表示」の右側にある
「投稿」「固定ページ」の部分にチェック入ってません?

ALL in One SEO Pack

 

ここにチェックが入っていると、投稿一覧の右側に
「SEOタイトル」「SEOディスクリプション」の2項目が追加されて
タイトルがぎゅっと縮められるみたいです。

チェックを外して、「設定を更新」ボタンをクリックすると
元通りに戻りますよ!

画面表示がおかしくなったと感じたら、試してみてください。

 

【追記】

投稿一覧ページ画面右上にある「表示一覧」をクリックすると

表示一覧1

表示する項目しない項目を選べますので、ここをクリックして解除することも可能です。

表示一覧2

 

僕は普段使わないので、作成者とIDは消してます。

参考になれば。

Jetpackをはじめとした表示速度を高速化プラグインを利用して読者に優しいブログにしよう

目安時間:約 4分

jetpack

毎度どうも。牧田です。

ブログを運営していくにあたってブログの表示の高速化は
読者の利便性の面でも、SEOの面でも、行う必要があります。

こちらのページでは、画像圧縮によって
読み込み時間を速くする方法をお伝えしましたが、

記事投稿は画像を圧縮するとページの読み込みが早くなって親切
https://riot-on-the.com/archives/187

今回は別のプラグインを用いて表示の高速化を行いましょう。

 

1.Lazy Load

通常、ページは画像の読み込みまで完了してから表示されるのですが、
ページを表示した後に画像を読み込むようにすれば、その分
ページの表示速度が早くなります。

それ簡単に実現できるのが、Lazy Loadというプラグインです。

これを使用するだけで、ページの表示は一気に早くなりますし、
インストールして有効化するだけなので、初心者でも簡単に設定できておすすめです。

2.Jetpack

Jetpackはコレ一つでいろんな便利機能が利用できる便利プラグインです。

ややこしい設定が面倒な場合、オススメ設定をすればOKですが、
この中のPhontonは必ず有効化しておいてください。

Phontonを有効化することによって、画像の読み込みが早くなり
サイトの表示を高速化できます。

また、コチラのプラグインをインストールした後、オススメ設定のままにしておくと
投稿記事とフッター自動挿入プラグインの間に「共有」「関連記事」のふたつが入ってきてしまい
邪魔になりますので、ダッシュボードから > Jetpack > 設定 > Engagement と進み
「共有」「関連投稿」はオフにしましょう。

その他の機能に関しては、こちらのサイトで詳しく説明してくれていますので、
良ければ参考にしてみてください。

NETAONE

 

3.Head Cleaner

Head Cleanerは、ブラウザとWebサーバのやり取りの回数や
データ量を減らすことで表示速度を上げるプラグインです。

このプラグインを導入し、簡単な設定を少しするだけで、
タグを最適化することができます。

 

プラグイン > 新規追加 でHead Cleanerをインストール

設定 > headcleaner と選んで下の図の部分にチェックを入れて【更新】をクリック

headcleaner2

更新ボタンの下にある、キャッシュファイル削除部分の【削除】ボタンもクリックしておきましょう。

 

もともとテンプレートに入っている機能と同じ機能が
Jetpackにもある場合、Jetpackの使用によってサイトに
不具合が生じる場合があります。

その場合、どの機能が不具合をお起こしているかを調べるために
一度Jecpackの機能をすべてオフにして、1つずつオンにしていき
どれが干渉しているかを調べて、問題の機能をオフにして使用してください。

 

そして、プラグインは使わないから有効化していないものがあれば削除していきましょう。
あるだけで重くなります。

つまり、機能がダブってるプラグインがあれば、一つだけ残して残りは消してしまう方が良い
ということも同時に言えます。

 

プラグインを導入にして少し設定するだけでサイトが高速化できるのであれば、
やらなければ損になりますので、今日ご紹介した分だけでも必ず設定しておきましょう。

記事投稿はEWWW Image Optimizerなどを使って画像を圧縮するとページの読み込みが早くなって読者に親切

目安時間:約 5分

%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

毎度どうも、牧田です。

ブログ記事を投稿するときに画像を使用するのは、
文章をわかりやすく伝えるという意味でも、SEO対策という意味でも、必須ですが、
画像を多用するとある問題が起こります。

 

画像の読み込みに時間がかかる

画像と使用しすぎるとどうしてもブログ記事を表示するのに時間がかかります。

時間がかかると読者さんにストレスを与える。迷惑がかかる。

とは言え、画像の表示を速くするために画像を貼る枚数を減らすのは本末転倒。

ではどうしたら良いか・・・

 

画像の容量を落としましょう

画像を使えば使うほど、記事を読み込むために時間がかかるのは
画像のデータ容量が多くなってしまうからです。

パソコンでブログを読んでいる場合は、多少読み込みが遅くても
パソコンの性能も良ければ回線速度も速いため、あまり気にならないかもしれませんが、
今やサイトのアクセスは半分以上スマホからという時代。

パソコンではよくても、スマホでつなぐとめっちゃ遅いとなると
読者の半数以上に迷惑をかけている状態になってしまいます。

ページの読み込みが遅くても気にしない人ばかりなら良いのですが、
画像が表示されないと、ほとんどの場合、記事を読まずにページから去ってしまいます。

つまり、それは即収入ダウンにつながります。

ですので、画像容量はなるべく小さくして、安心してブログを読んでもらわなければいけません。

 

おすすめプラグイン

では、どうしたら画像の容量を下げられるかというと、
EWWW Image Optimizerというプラグインを使うと簡単です。

こちらのプラグインは、

  • 画像をアップすると、自動でファイルを圧縮してサイズを小さくしてくれる
  • 過去にアップした画像も、一括してファイルサイズの圧縮ができる
  • 処理が早い

という特徴がありますので、ブログを運営していく上で強い味方になってくれます。

 

EWWW Image Optimizerインストール

まずはダッシュボードから

プラグイン > 新規追加 > EWWW Image Optimizerと検索して > 今すぐインストール

EWWW Image Optimizer Cloudと間違えないように注意

ewww

 

設定 > EWWW Image Optimizer で4項目設定していきます

ewww%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

  1. Basic Settings > Remove metadata にチェック
  2. Advanced Settings > disable pngout にチェック
  3. Conversion Settings > Hide Conversion Links にチェック

以上3項目チェックして save changes をクリック

以降投稿するたびに自動で画像を圧縮してくれます。便利ですね。

 

すでに使用済み画像の圧縮

こちらは

メディア  > Bulk Optimize > Optimize Media Library > Start optimizingをクリック

という順で、過去にアップした画層も一括圧縮してくれます。

Optimize Everything Elseの方は
テンプレートに使用されている画像を圧縮してくれます。

メディア  > Bulk Optimize > Optimize Everything Else > Scan and optimizeをクリック

という順で、こちらもついでに圧縮しておきましょう。

 

 

サイトの表示速度が上がれば、読者も嬉しい、SEO対策ができて自分も嬉しいの双方よしです。

必ず取り組んでおきましょう。

 

プラグインを使いたくないという方は、投稿の都度
tinypng(https://tinypng.com/)というサイトを使うのもありです。

参考までに。

PS Auto Sitemapを利用してサイトマップを作ろう

目安時間:約 3分

サイトマップって一体何?という方も多いと思いますので、まずはじめにお伝えしておきますと、

検索エンジンと検索ユーザーの両方に、そのサイトにどうのようなページがあるのかを伝えるため、サイト内のページリンクをまとめたページのこと。

サイトマップを置くことによって、訪問者にとっては目的の記事に素早く到達することができるというメリットがあり、サイトはSEOの向上を狙うことができ、サイトのインデックススピードを早めることが出来るというもの。

サイトマップはかつてはページを更新するに合わせてマップも自分で更新するものだったのだが、ワードプレスの場合プラグインを入れるだけという非常に簡単な作業で済むので、ぜひとも設置しておこう。

 

オススメプラグインと導入ステップ

このブログでは「PS Auto Sitemap」というプラグインを導入することによって、サイトマップを作成することを推奨する。

STEP1:プラグインの導入

ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 と進み、キーワードに「PS Auto Sitemap」と入力して今すぐ追加をクリック。忘れずに「有効化」もクリック

サイトマップ

 

STEP2:サイトマップページの作成

ダッシュボード > 固定ページ > 新規追加 の順に進む。

※投稿ページではなく、必ず固定ページに設置すること。

ビジュアルではなく、テキストの方に以下の一文を入力。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

記事タイトルにサイトマップと入力して公開をクリック。

公開をクリックした後、投稿IDを忘れずに覚えておく。

固定ページ

 

STEP3:設定

ダッシュボード > 設定 > PS Auto Sitemap の順に進み先ほどのページIDを入力する。

他の部分の設定は基本的にはそのままでOKです。

ただし、「W3 Total Cache」などのキャッシュ系プラグインを他で使用している場合は「キャッシュの使用」のチェックは外しておきましょう。

設定

 

これでサイトマップの作成は完了です。

お疲れ様でした。

最後に念のため、作成したページに問題がないか確認しておきましょう。

 

サイトマップ作成手順は以上です。

参考になれば。

 

Bottom of every postの設定

目安時間:約 4分

%e6%a5%bd%e3%81%a1%e3%82%93

ブログの記事を書いていると、

・自分のフェイスブックページの紹介や
・YouTubeチャンネルの紹介
・ブログランキングのランキング用バナー
・アドセンス広告

など、

「この内容は毎回記事の最後に入れたい」

という状況が出てきませんでしょうか。

 

これらを毎回コピペで貼り付けたりするのは

非常に手間がかかって面倒ですし、

貼り忘れたりする問題が出てきたりしますよね?

 

「どうにかしてこの悩みを解決できないだろうか・・・」

本日はそんな方に向けての記事です。

 

この問題を解決するには、

1:phpを編集する方法
2:プラグインを活用する方法

大きく分けて2つの方法があります。

 

どちらも一長一短なのですが、

私が今回オススメするのはプラグインを活用する方法です。

 

  • どのプラグインを導入するのか?

沢山ある中から、私は「Bottom of every post」を導入しました。

(2016年11月現在はWP Insertを使用)

 

記事下挿入プラグインは他にも沢山ありますが、

複雑なことには使いませんので、

シンプルで使い勝手が良い所が導入理由です。

 

私のブログは常に初心者に優しくですからね!

簡単さ重視で参ります。

(ブログカスタマイズは私の専門外でもありますし・・・)

 

では早速導入していきましょう

 

  • STEP1 ダウンロード

ダッシュボードから プラグイン > 新規追加 という順番で選択。

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2

 

プラグインの検索窓に「Bottom of every post」と入力して検索。

一番上に出てくるモザイクのプラグインを「今すぐインストール」

boe

※有効化を忘れずに

 

  • STEP2 投稿内容編集

ダッシュボードから プラグイン > インストール済みプラグイン という順番で選択し

先ほどインストールした「Bottom of every post」のすぐ下の「編集」ボタンをクリック。

boe%e7%b7%a8%e9%9b%86

 

 

画面右のプラグインファイルの下にある「bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.txt」をクリック。

 

boe%e7%b7%a8%e9%9b%862

 

<p></p>の間に毎回記事下に挿入したい文章を入力してファイルの更新をクリック。

boe%e7%b7%a8%e9%9b%863

※改行部分に<br>を挿入するのを忘れずに。

 

これで毎回記事の下の部分に先ほど入力した内容が挿入されます。

※過去の全ての記事にも挿入されますのでご注意ください。

 

このプラグインでは固定記事には挿入されませんが、

その方が何かと都合がいい事が多いので、

(固定記事だけならコピペでも十分という人も多いでしょう。)

今回は「Bottom of every post」を導入しました。

 

 

以上、記事下に定型文を挿入する方法でした。

 

 

無料メール講座
ブログ月収10万円を確保せよ

メールアドレスを入力ください



人気ブログランキング


ブログランキングに応援クリック
いただけますと嬉しいです

管理人プロフィール
外注の神様

管理人:まきたあきとも

周囲に黙ってブログ記事を外注し、日々着実にアドセンス報酬を増やしている凡人アラフォーフリーター

詳しいプロフィールはこちら

各種メディア
ブログカテゴリー
当サイト一押し教材
お問い合わせ

 

ご意見・ご質問・ご相談
コンサルのご依頼など
お問い合わせはこちらからどうぞ

全ての意見が反映される
とは限りませんが、
全ての意見には目を通しています。

ページの先頭へ