改めてアクセスを大量に集めるパワーブログを構築するための肝について考える

目安時間:約 8分

mato

毎度どうも。牧田です。

人が集まる稼げるブログ、書いてますか?

ブログを書いていれば、やがて人を集められるようになる
と言うのは間違いないことなのですが、
どんなブログを書いても集められるか?というと、それは違います。

例えば、どこか知らない人が何を食べたとか、誰と会ったとか、そういった
ありふれた日常ばかりを書いている日記をあなたは読みたいと思うでしょうか?

おそらく答えはNOでしょう。

ブログが流行りだした頃ならまだしも、今時そんなブログを運営していても、
何年書き続けたって大したアクセスはあまり集まりません。

開始半年で、月間10万PVを叩きだすブログが世の中には存在する一方、
開始半年で、月間3000PVにも満たないブログも存在します。

この違いは一体どこから生まれるのでしょうか・・・

今日はその違いについてお話していきます。

 

人の目に晒し、何度も足を運ばせろ

ブログ運営していて、アクセスを稼ぐために重要な点は2点です。

1つはいかに新規の読者を獲得できるか
もう1つはいかにファン(リピーターの読者)を獲得できるかです。

新規読者を獲得できなければ(ブログの存在を知られなければ)、ブログはあってないようなものですし、
新規読者を獲得しても、ファンがつかなければアクセスは大きくなっていきません。

ブログは現実世界の店舗と同じですので、
この2つのことを特に意識して運営していかなければいけません。

そして、これらの2つを同時に満たすためには
次の3つのポイントを抑えておく必要があります。

 

抑えるべき3つのポイント

その3つがいったい何かというと、

  1. どんな人に読んでほしくて
  2. どんな内容を書いていて
  3. 読めばどんな結果が得られるか

の、3つです。

順番に説明していきましょう。

 

どんな人に読んでほしいか

  • 男性か、女性か、
  • 10代か、60代か、
  • 会社社長か、ニートか、
  • 金持ちか、貧乏か、
  • 忙しいか、暇か、

相手の状況によって、使う言葉、持っているもの、流行っている音楽、見るテレビ、など
まるっきり変わってきますよね?

どんな言葉を使っているかによって、どんな言葉を検索するかが変わり、
何に興味があるかによって、どんな話題が共感してもらえるかが変わる

相手の状況次第で、伝えるべき内容がまるっきりかわってしまうというのがわかるかと思います。

具体的な例で言えば、10代のギャルに盆栽の話をしても少ししか興味を持ってもらえない。

どんなに人生を豊かにしてくれるような素晴らしい内容を書いていても、
興味がなければ検索されることもないし、相手の目に触れることはない。

相手の目に触れる事がなければ、そのサイトの存在価値はゼロです。
しかし、一人でもファンがいればそのブログには大きな価値があります。

ですので、誰に向けて書いているかはレーザーのように
ピンポイントで設定しなければいけません。

絞り込むことを恐怖に感じる方もいますが、今やスマホ普及率は100%を超えている日本。

仮に人口が1億人としても、0.01%の人にファンになってもらえば1万人になります。

1万人の来場っていうのは少ないかどうか?

歌手のコンサートを考えれば、考えるまでもないですね。

 

どんな内容か

対象を絞り込んだら、次は内容を明確にする必要があります。

誰に【どんな内容】を届けたいのか?

先程の10代のギャルの例で言えば、

  • 盆栽か?
  • ネイルか?
  • スマホか?
  • アフリカの経済情勢か?
  • ナンパのノウハウか?
  • ゴルフか?
  • 起業か?

どれを選ぶかによって新規の獲得のしやすさとリピート率が大きく変わってきます。

ここで重要なことは、ブログを継続的に更新して行くことを考えているなら、
お金になるからという理由でテーマを選ばないということです。

ウェブサイトの運用方法は2つあって、
1つは記事を書いてほったらかしにするサイト型の運用で、
もう1つは継続的に更新してどんどん育てていくブログ型の方法です。

ほったらかしにして報酬を得る場合、
お金を目的にしてサイトを作成するのは賛成です。

報酬さえ上がれば良い訳ですから、
サイトに愛着を保つ必要もないですし、
サイトの内容に興味がなくても問題ありません。

どうせすぐに更新しなくなるからです。

しかし、ブログを運営して行く場合、
興味がなければ継続することが苦痛になって辞めてしまいます。

多くの人が脱落していく中で、自分だけは更新を継続する。

これがブログで勝つ一番の秘訣です。

もちろん、お金が重要な事は僕も十分理解していますし、
このブログはそもそもブログでお金を稼ぐということをテーマにしていますから
このブログを読んでくださっているあなたが、お金に興味が有ることは十分承知しています。

それでも、いくらあなたがお金を求めてやまなくても、
ブログに関してはお金だけの理由で選ぶことをおすすめしません。

 

サイト運営とブログ運営は、分けて考えましょう。

 

逆を言えば、興味・情熱をもてるのであれば、
ギャル相手に盆栽の内容を書いても問題ないと断言します。

興味を持ってくれる人の数は少なくなるでしょうが、
ブログをずっと続けていれば、盆栽に興味を持つギャルも現れるでしょうし、
内容が際立ってよければ、間違いなく
ギャル以外の人もあなたのブログに興味を持ってくれます。

ギャル専門店(専門ブログ)でも老若男女問わず店に入ってくる。

これがインターネットの、ある種の面白さです。

でも、対象読者は決して曖昧にしないように。。。

 

どんな結果が得られるか

意外と忘れられがちなのがこの部分です。

誰に向けてどんな内容を発信しているかははっきりしていても
このブログを読めばどんな結果が手に入るかがはっきりしていないブログが
あまりに多すぎます。

これが、稼ぐという点では結構もったいなくて、
どんな結果が得られるかと言うのを明確にしておくと
どんな商品を売ればいいかが明確になるので、
ブログをお金にしやすくなります。

例えば、ギャルに盆栽を教える時でも

趣味でやっている人と本気でやっている人では、
必要な道具や教材、指導方法が違いますよね?

趣味でやっている人なら、なるべくコストパフォーマンスの良い道具を
紹介してあげるのが良いでしょうし、

本気でやっている人なら、多少価格が高くても本当に質のいい道具を
紹介してあげるのが良くなります。

どんな結果を出させてあげたいか。

この部分も明確に打ち出しましょう。

 

 

今日の内容は専門的に言うと、ターゲットを設定するといいます。

特にインターネットの世界の場合、人数が多いので
レーザーポイントターゲッティングを行うことが非常に重要です。

絶対に忘れないでください。

 




ブログで月収10万円

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

写真

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ