もしも1からネットビジネスを始めるなら

目安時間:約 13分

牧田です。

多くの人が大物ネット起業家に対して投げかける質問にこんなのがあります。

『もしもお金や人脈がなく、知識と経験だけがある状態で、また1からネットでビジネスを始めるのなら、何から初めますか?』

 

回答は3パターンしかない

初心者

 

この質問に対して出来る回答って

実は3つしかないんですよね。

 

その3つが何かって言うと

 

1.すでに結果を出している方法をまた始める

2.今、結果が出やすい方法を始める

3.シンプルで誰でも簡単に出来る方法を始める

 

 

1つ目に関して言えば、解説は不要ですよね。

 

すでに結果を出している方法なんて知識と経験が

すでにあるわけですから、1から初めてどうやって

元の状態にまで持っていけばいいのかが大体わかります。

 

僕の場合で言えば、

ツイッターアフィリエイトがそれに該当します。

 

 

2つ目に関しては言うまでもありません。

 

今結果が出しやすい方法は結果が出やすい訳ですから、

その方法をライバルより沢山の時間取り組めば

当然結果なんて出ますよね。

 

この場合大事なのは、

結果が出やすいからと言って毎日1時間作業するとかではなく、

ライバルより沢山、それこそ寝る間も惜しんで

ガンガンやるっていうことです。

 

ビジネスは競争である。

現金のためにライバルに打ち勝つ必要がある。

 

自分にそう言い聞かせて、

必死で頑張って結果を出すという方法ですね。

 

2017年で言ったらユーチューバーなんかがそうでしょうね。

 

 

3つ目に関しては単純です。

 

アフィリエイトとかPPC広告とか難しいことは一切やらない。

誰がやっても結果が出る方法を、

仕事と割り切って地道にコツコツやる。

 

それだけです。

 

具体的な例で言えば、ブログの更新でしょうね。

 

 

3つの中でオススメする方法

オススメ

この3つの中でオススメする方法は、

主婦やサラリーマンが副業としてやるのか、

それとも思い切って独立してやるのかにもよりますが、

どちらにしても僕がオススメするなら、、、3番です。

 

というのも、

『もしもお金や人脈がなく、知識と経験だけがある状態で、また1からネットでビジネスを始めるのなら、何から初めますか?』

という質問の意図を汲み取ると。

 

・自分はまだ結果が出ていない。(ネットビジネスに取り組んだ経験は不明)

・けれどその人が0からやる方法を自分も真似すれば、結果が出せるのではないか

 

ということですよね。

 

となると、1の方法は不可能。

知識と経験が必要ですからね。

 

まぁ、考えようによっては

知識と経験さえ身につければ稼げるようになる

とも言えるわけですが。。。

 

 

まぁ、

そんなもんどのネットビジネスで稼ぐ手法でも一緒

です。

 

 

どの手法が短期間で稼ぎやすい

どの手法がやることが少ない

どの手法が大きく稼げる

 

やり方によって一長一短ありますが、極論言えば

どれやっても稼げるのが仕事というもんです。

 

これは、YouTubeでもFacebookでもtwitterでも、

さらに言えばラーメン屋でもお笑い芸人でも何でも一緒です。

 

ただし、知識と経験と言うのは

チャレンジした回数が大事になってきますよね。

 

仮に最初の100チャレンジが100連敗したとしても、

そこで知識と経験というのが身につき

次の100チャレンジが1勝99敗になったりします。

 

さらにその1勝したことが気づきとなり

次の100チャレンジは30勝70敗になって、

その経験によって50勝50敗になる。

 

これはビジネスだからサラリーマンだからと言うのは関係なく、

仕事とはそうやって精度を上げていくことが大事な訳です。

 

ただし仕組みとして

・サラリーマンは最初からある程度金額を貰える代わりに伸びない

・ビジネスは最初はしばらくお金がもらえない代わりに後半ギュンと伸びる

訳ですね。

 

なのでビジネスなんてどれやったって稼げる訳ですが、

ここで注意が必要なのは何回もチャレンジ出来る方法なのか

ということですね。

 

チャレンジした回数によって知識と経験が身につくとしても、

1つの負けが瀕死の重傷を負うようなチャレンジだったとしたら、

そもそも何度もチャレンジするのは不可能な訳です。

 

そういう意味では店舗ビジネスは

ある程度まとまったお金が必要ですから、

開始時点でかなり大きな金額の元手がなければ

何度もチャレンジはしづらいですよね。

 

なので、あまり元手をかけなくても勝負できる

ネットビジネスを選びさえすれば、

誰だって100%結果は出せる訳です。

 

なぜそういい切れるのかと言いますと。

 

YouTubeでもFacebookでもtwitterでも、

PPCでもブログでもメルマガでも、

お金を稼ぐための方法はほぼ出揃っていて。

 

さらに、それらの稼ぎ方で稼ぎ始める人が

常に出続けているし。

 

どれもやれば稼げるというのは

わかりきっているからです。

 

もはやネットビジネスで稼げると言うのは常識。

あとはどれを選び、ずっと続けるのか。

 

それが大事ということです。

 

 

じゃあ、2と3とどっちがいいのか

って言う話なんですが、2の方法のポイントは

金を稼ぐために自分の感情を消せるか

って言う部分なんですね。

 

金のためだったらなんだってやるぜ!

絶対に金を稼ぐ必要があるんだ!

 

くらいの意気込みを持って

ビジネスに取り組めるのかってことなんです。

 

副業としてビジネスに取り組むって

そんなに簡単なことではないんですよ。

 

だってサラリーマンが副業としてビジネスに取り組む場合

多くの人はやらなくたって食うに困らない訳です。

 

「稼げたらいいなー」くらいな訳ですよね。

 

そんな状態で、好きでも何でもない仕事に

現金のためにライバルに打ち勝つほど取り組めるのか?

 

ってことなんですよ。

 

ネットビジネスで短期間で結果を出す人たちって

莫大な借金があったり、手術しないと子どもの命が危ないとか、

何かしらの理由があって

 

好きでも何でもない仕事に

現金のためにライバルに打ち勝つほど取り組める

 

というより、

 

取り組まなきゃならない

 

人たちなんですよね。

 

「稼げたらいいなー」じゃなくて

「稼がなきゃならない」なんです。

 

そりゃ必死になりますし、

短期間で結果を出しますよ。

 

副業じゃないんです。

ビジネスに取り組んでいるんです。

 

なので、思い切って仕事を辞めて取り組んだり、

数ヶ月の間睡眠時間2時間とかに削って、

サラリーマンしながら作業に取り組んだり。

 

持ってる時間と少ないお金をの全部をネットビジネスにぶち込んで

短期間でガツッと結果を出してしまうんですよね。

 

それを。。。

「稼げたらいいなー」くらいの人ができますか?

って話なんですよね。

 

まぁ、無理ですよね。

僕も無理なんですよ。

 

あんまり精神力強くないし、

そんなに追い込まれてないので。

 

なので、選べる方法って言ったら

3.シンプルで誰でも簡単に出来る方法を始める

 

なんですけど・・・

 

大きな問題点

考える

ただこの方法ってやれば結果が出るのはわかっているものの、

時間がかかるから楽じゃないってことなんですよね。

 

例えばブログ書くにしたって、

毎日2時間の作業を1年間続けるって

そんなに簡単なことでもないじゃないですか。

 

例えば趣味なんかがあって、

そのことについてならいくらでもまとめられる

って人なら問題ないんですよ。

 

盆栽でもゴルフでも、競馬でもなんでも

ずーっとブログを更新していけばいいんです。

 

でも僕みたいに、

これと言った趣味がない人間からしたら

そういうの無理です。

 

 

解決方法

ひらめき

 

じゃあ、そんな場合はどうしたら良いのか?っていうと、

 

誰にでも出来る方法だったら、

誰かにやってもらえば良いんじゃない?

 

って事。

 

「時間がないと思ったら?金で買う!」

ってことです。

 

誰かの役に立つ情報について

外注さんにまとめてもらう。

 

これならお金を使うだけで

ネットビジネスを続けられますよね。

 

そして、ちゃんとマジメに続ければ

ネットビジネスは必ず結果が出るというのは

先程申し上げた通りです。

 

その外注のお金は給料から払えばいい。

サラリーマンでもパート主婦でも出来る方法ですよね。

 

この方法なら毎月1万円でも十分なんですから。

https://riot-on-the.com/archives/927

 

 

え?お金がない?

そこはとりあえずこれに取り組んで

10万円ほど稼げば良いのではないかと思います。

 

ネットビジネス史上、最も簡単に現金を手に入れる方法

https://riot-on-the.com/archives/948




ブログで月収10万円

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

写真

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ