ブログにどんな記事を書けばお金が儲かるのか?

目安時間:約 5分

文章 考える

毎度どうも。牧田です。

「ブログ使って金を儲ける。」っていうと、難しく考える人が後をたたないです。

ですが、実際はそんなに構える必要ありません。

 

時代を切り裂くトレンド系サイト

例えば、、、

  • ヤフーニュース(http://news.yahoo.co.jp/)
  • ライブドアニュース(http://news.livedoor.com/)

みたいな、まさにタイムリーな話題を取り上げて
わかりやすく解説するっていうのもいいですし、
こういう大手メディアの不足部分を補う記事を書くのもいいですよね。

※コレが従来のトレンドブログの手法ですね。

メリットとしては、
ハマればバチンとアクセスが伸びる手法ではありますが、

デメリットとしては、
過去記事があまり有効活用されないってところでしょうか。

その時々に必要とされる記事を書くので、話題が集中すればアクセスも集中する反面、
話題が去ったらその記事ではアクセスが集まりにくくなります。

具体的に言うと、この記事を書いている2016年11月の時点で、
「そう言えばベッキーとゲスの極みって・・・」なんていう話題を気にしてる人って
ほとんどいないですよね。

同じ年の話なのに、もう見向きもされない。

なので、こういった内容軽めでトレンドを追う(ライト・トレンド)記事は
ブログの認知度を上げるためには使えるが、収入を安定させるためには使えない。

ということです。

 

読みがいのあるニッチ系サイト

一方で、

みたいな、

面白そうなことや、興味持ったことを限りなく深掘りしていく(ディープ・ニッチ)系の記事は
瞬間的に話題には登りにくく、爆発的なアクセスは集まりにくいものの、
数ヶ月から数年たっても記事を読んでくれる人が現れるため、中長期的に収入を安定させてくれる。

という感じです。

 

ふたつを図で表すとこんな感じです。

%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%a8%e6%b7%b1%e3%81%bf

 

どっちにしたら良いの?

じゃあどっちにしたら良いのか?という話なのですが、
正直な所、大手ニュースのように常に新鮮な記事を大量に投稿していくには
人海戦術が必要になります。

ですので、タイムリーな記事を打ち続けるというは一人でやるのは厳しいです。

とは言え、ディープ・ニッチ系の記事ばかりだとアクセスを集めるのに時間がかかります。

ですので、考え方としては

  1. 広告費をかけながら、ディープ・ニッチに絞って書く
  2. ディープ・ニッチとライト・トレンドをバランスよく書く

という事になります。

1の戦略を取る場合、アドセンスなどのクリック広告は報酬単価が低いので
それだけで収益化するのは少し厳しいと思います。

物販、アフィリエイト、情報販売、コミュニティ

様々な単価の取れるサービスを展開し、収益化を図っていくのが必要になります。

ブログ自体を運用し始めたばかりであったり、
広告費をかけずにブログを運営していきたいという場合は
必然的に2の戦略を取る事になります。

どちらにしても重要な事は、
中途半端な記事を書かないということです。

タイムリーでもない記事を中途半端に深掘りして書く。

それは、同じようにブログを運営しているライバルに、時間でも、深さでも、負ける事になります。

深さにこだわりすぎて何もかけないのも問題ですし、
記事は後から追記できますので、一撃で完璧にする必要はありませんが、
深掘りする場合は掘れるだけ掘り、文章の量が多かったり、一日の調査では書ききれない場合は、
「全・中・後」「その1・その2・その3」などに分けて書く。

ということを心がけましょう。

 




ブログで月収3万円を手間をかけずに稼ぐ方法

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

写真

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ