手間のかかる外注さんとの契約の話

目安時間:約 4分

こんにちは~牧田です。

 

 

今日は花火を見に行く予定だったのですが、

台風で中止になってしまったため

自宅でブログを書いていおります。

 

 

まぁ、誘われた側だったので、

正直言えば楽しみ反面めんどくさいという気持ちが

あったのも事実なので、

良かったのか悪かったのか。

 

 

日常に刺激が溢れすぎているからか、

普段から仕事のことばかり考えているからか、

わかりませんが、、、

 

 

大人になると花火大会が楽しくなくなる

というのも寂しいもんです。

 

 

せっかくなので花火関連で検索したら

「小さい 花火 大会」などは

全然狙い目だなと思いました。

 

 

来年に向けて仕込める方は

どうぞ仕込んでください。

 

 

人混みでみる大きな花火大会もいいですが

人の少ない小さな花火大会もいいもんですね。

 

 

 

■手のかかる外注さんの扱い

外注さんとやり取りしていると

「こんなこともわからんの?」

「それ渡したマニュアルに書いてますやん!」

と思うことが、時々あります。

 

 

僕も昼間は仮面派遣社員ですので、

「あー、、、こういう人ってリアルでもいるよな、、、」

なんて思いながらやり取りしております。

 

 

で、そういう方から応募があったとき

どうしたもんかなーと思ったりするんですよね。

 

 

で、まぁどうしようかなーと思ったわけですが、

仕事の外注化って一体なんのためにやってるのか

って考えたときに

 

「自分が楽をするために」

 

やってる訳なんですよね。

 

 

なのに、やり取りに時間がかかるってどうなん?

って話で。

 

 

しかも、人ってそんな簡単に成長しないですから、

手のかからない人はずっと手がかからないし、

かかる人はずっとかかる。

 

 

なら、、、

かからない人だけ集めたほうが絶対にに良い。

 

 

だって楽したいもの!

 

 

ってことで、

この人なんか違うなーと思ったら

あとあと、結局違ったなってなるんで、

早めに見切るべきだと思います。

 

 

 

■まとめ

 

派遣社員とクラウドワーカーは、

毎回の仕事の出来だけではなく、

日々のやり取りが上手かどうかも

仕事を継続してもらえるかどうかにかかわってくるよ!

 

ってことです。

 

 

 

■追伸

 

いいもん。

 

うちは20時30分になったら

夢の国から花火が打ち上がるもん。

 

音だけ聞こえるもん。。。




ブログで月収3万円を手間をかけずに稼ぐ方法

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ