ブログコンセプトはマニアックでよい。

目安時間:約 7分

昨日雑記か特化かっていう話をしたので

続けてブログに関する真面目な話です。

 

 

ブログねー。何書いたらいいかわからんもんなー。

って悩む人がいます。

 

 

この悩みに対する答えは簡単です。

今やってることをブログ記事にしてください。

 

 

■ 専門的でマニアックな話に興味はあるか

釣り竿

 

今やってることをブログにするったって

自分がやってることなんてめっちゃマニアックすよ!

 

 

左官とか。

看護とか。

エキストラとか。

 

 

あー、全然いい。

ていうかむしろマニアックな方がいい。

 

 

事務とか飲食店店員とかでもいいけど、

そういうのの中でもマニアックな話題がいい。

 

 

これが例えば普通にアフィリエイトする

っていうのなら話は別すよ。

 

 

アフィリエイトなんてでかいキーワードで

検索上の方狙っていってなんぼだったり、

売れる商品ありきなので、それに関する

内容を書かなきゃ行けなかったり。

 

 

でも、アドセンスなんてマニアック上等です。

アクセスが来れば何も売れなくてもOK!

 

 

例えば釣りが好きっていう人がいるとするじゃないですか。

 

 

だからって釣りの記事なんてダラダラ書いても

まー、アクセスなんてこないっすよ。

 

 

で、誰に向かって記事書くの?

誰の悩みを解消してあげるの?

ていう話になるわけです。

 

 

で、これから釣りでも始めたい!っていう人のために

記事を書いてみよう!って考えたとして、

釣り始めるにあたって竿の種類って何が良いの?って

よくわからないじゃないですか。

 

 

ロッド?杖?みたいな。

 

 

で、その人が「釣り 初心者向きの竿」

みたいなので検索したとして、

検索したらどうやらSHIMANOのが良いとわかったと。

 

 

そしたら、次はその人は

「初心者向き SHIMANO 安い」

みたいに調べるじゃないですか。

 

 

そしたら、あなたが作った

めっちゃSHIMANO愛に溢れたブログが有るとする。

 

 

ロッドの修理方法について書かれていて

自分でできるのか上州屋とかに頼んだ方が良いのか。

自分でできるとしたらカスタマイズとかってできるのか。

上州屋に頼んだらどれくらい時間とお金がかかるのか。

 

 

もうSHIMANOのロッドに関する話なら公式メーカー

以上にユーザー目線で記事が書かれているし、

なんならめっちゃ面白い使い方してたりする。

 

 

そんなことまで書くの!?

みたいなことまで書いてる。

 

 

そしたらもう他のサイト検索せずに

そのサイトをめっちゃ見るじゃないですか。

 

 

そしたらグーグルの評価も上がって

アクセスも上がるじゃないですか。

 

 

そしたら月に10万円稼ぐなんて余裕

っていうレベルのブログはできて当然なんですよ。

 

 

まぁ大抵の人はそこまで記事なんて書かずに

あっさーい記事をかいて、稼げない稼げない言うと。

 

 

で、頑張ったら良いんじゃない?っていうと

月10万円の不労所得のために頑張るなんて

アホらしいというと。

 

 

で、月に100万円稼ぐ方法はないかとか

ネットやらメールやらで探しに探して、

どうにかこうにかそういう情報にたどりつき、

結局、なぜかやらず、稼げない。

 

 

意味わかんないですよね。

 

 

そんな人に心から言いたい。

 

 

だったらマニアックな内容でいいから

世のため人のためになる記事を書けよと。

 

 

■ マジでなんでも良い。でもいい加減ではダメ。

 

マジでカテゴリに関しては何だって良くって、

今やってることをめっちゃマニアックな切り口で切れば

まだまだブログで稼げるのが答え。

 

 

しかもそういうブログって作るのがめっちゃ面倒で、

そう簡単に抜かされることはない。

 

 

だから長ーいこと稼いでくれる。

 

 

だからこそ、もしもあなたがブログをやるのなら

勝てないからやめるなんてもってのほかで、

マジで何でも良いので、せまーい内容でいいので

中途半端ではなく、徹底的に深掘りすること。

 

 

それで500記事書いて

1記事が毎月1000PV、

1日で30PVちょい集めたとしたら、

10万稼ぐブログは完成する訳なんで。

 

 

ブログで10万なんてマニアックで良いんですよ。

 

 

もしくはバッキバキの外注ブログね^^




ブログで月収3万円を手間をかけずに稼ぐ方法

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ