雑記のネタ切れ解消は他人を参考に乗り切れ

目安時間:約 11分

アドセンス報酬狙いでごちゃ混ぜ雑記ブログを

やっている人の中には、ネタ不足に悩んでいる
という人がいるそうなのですが、マジですか?

 

もしも僕の話に耳を傾けてくれる方の中に
そういう人がいるのであれば、、、

 

 

それは一日でも早くお助けせねばなりません!

 

 

ごちゃ混ぜブログなんて何でもありというか、
早いもん勝ち、スキマ見つけたもん勝ちの
早さと量が勝負の手法なので、細かいことに
こだわらず機械的に作業するべきです

 

 

 

ネタは自分の中から湧いて出ない

ネタ不足に悩む人の基本的な間違いとして
記事ネタを自分の中から探し出そうとする
というのがあります。

 

 

でもね。
さすがにそりゃ~無理ってもんです。

 

 

自分の脳は知識の池。
単なる水たまりです。

 

(知識だまりっちゅうんかな?)

 

 

水たまりから水を汲み続ければ
さすがに終わりが来ます。

 

 

なので大事なのは、
川から水をくむことです。

 

 

日々勝手に情報が流入してきて、
そこからどれだけ汲み取ろうが
情報が枯れることはない。

 

 

そういう「システム」を構築する必要があります。

 

 

 

ネタを生み出すシステム構築する

ネタが無限に生み出されるシステムを作るには?

 

 

これはとても簡単なことで
誰かがまとめてくれるネタの「周辺」を
攻めれば良いんです。

 

 

(記事の丸パクリあかんで。)

 

 

「だれかがまとめてくれるねた???」

 

何のことかわからない?
善人ぶる必要なんてないですよ。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

はっきり言いましょう。

 

誰かのサイトからネタをパクれば良いんですよ。

 

 

記事をパクるのではなく、
ネタをパクる。

 

 

より詳しく言うと、
他人のネタの不足を埋めます。

 

 

誰かのマネをするなんてな~って
悩むかもしれませんが、
こんなもんはみんなが当たり前にやってることです。

 

 

YahooやLINEなどのニュースサイトから
インスパイアされてみたり。

 

 

2ちゃんねるやNaverなどのまとめサイトから
インスパイアされてみたり。

 

 

ブログなんてインスパイアネタのオンパレードです。

 

 

オリジナル記事なんて
実際に体験した記事しかないんですから。

 

 

それ以外なんてすべて単なるまとめ記事。

 

 

誰が書いてもそこには個性がトッピングされているだけで、
内容・情報の質はどんぐりの背比べです。

 

 

てことは、記事ネタなんてものは
黙って誰かに影響されてればいいんです。

もちろん、『雑記ブログの場合は』ですよ。

 

 

自分が好きでやっている
「行くぜっ!拉麺野郎!」みたいな
独自性を追求するサイトでは
そんなことやっちゃダメですよ。

 

 

あくまでも、お金のためにやっている
情報おまとめブログの場合は
黙って誰かに影響されましょう。

 

 

あとはそのサイトとは違った視点を持ち込むか、
情報をプラスアルファすれば良いだけなんですから。

 

 

どうしても罪悪感が抜けないという方は
この考え方はサイトだけじゃなく、
実際の社会でも行われているというのも
知っておいてください。

 

 

世の中の商品やサービスは常にマネされ
改良されていきます。

 

 

もちろん僕もサイトも
誰かのサイトから影響されていますし、
誰かにコピペされてますので安心してください。

 

 

 

ネタ元

では、どういうサイトからネタを拾えばいいのか?
簡単にまとめてみましょう。

 

 

ニュースサイト

王道ですが、Yahooニュースなどの
ニュースからインスパイアされます。

 

 

多くの人がやってますので、
ライバルが多いのは当然ですが、
多くの人に注目されるニュースは
寿命が短い反面、瞬時にアクセスを集められます。

 

 

最近だったらグノシーやスマートニュースなんかも
同じ扱いでしょう。

 

 

Yahooニュース(ランキング)
https://news.yahoo.co.jp/ranking

 

グノシー
https://gunosy.com/

 

スマートニュース
https://www.smartnews.com/

 

 

まとめサイト

大手法人のまとめサイトなどは
多くの人がネタを投稿しているので
いろんなネタが集まっています。

 

 

そこからネタを引っこ抜きましょう。

 

 

2チャンネルにダイレクトに飛ぶと
カテゴリがありすぎて訳が分からなくなりますので、
2チャンネルのまとめサイトを参考にすると
よいでしょう。

 

 

NAVERまとめ
https://matome.naver.jp/

 

ニュー速クオリティ
http://news4vip.livedoor.biz/

 

ハムスター速報
http://hamusoku.com/

 

 

キュレーションサイト

別にまとめサイトと分ける必要はないのですが、
じゃあ分けんなよというツッコミはさておき、
まとめサイトの中でもジャンル特化のサイトが
ありますので、自分のサイトに近いものがあれば
参考にしましょう。

 

 

男性向け

日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/

 

Smartlog
https://smartlog.jp/

 

 

女性向け

Peachy
http://girls.livedoor.com/

 

4MEEE
https://4meee.com/

 

 

経済

NewsPicks
https://newspicks.com/

 

 

お金

マネーポスト
https://www.moneypost.jp/

 

 

シンプルライフ

キナリノ
https://kinarino.jp/

 

 

旅行

RETRIP
https://retrip.jp/

 

 

今回は雑記ブログが話の対象だったので
男性系女性系多めに紹介しましたが
自分のサイトの色にあったものがあれば
ブックマークしておくと良いです。

 

 

これらのサイトから以前お伝えした通りに
単語を拾って広げて、個人でも戦える
キーワードを見つけていけば記事ネタは
無限に作れます。

 

 

以前の記事とは?
雑記ブログでキーワードが見つからない???初心者のためのキーワード発見講座

 

あとはベルトコンベア式に作っていくだけです。

 

 

作業は自分でやってもいいですし、
僕がおすすめするように外注さんに
作業をお任せしてしまうのも良いでしょう!

 

 

ということで!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

追記

オリジナル記事なんて
実際に体験した記事しかないんですから!

 

 

という一言に、なぜGoogleが体験記事を
高く評価しているのかのがよくわかりますね。

 

 

そして、長期的に稼ぎ続けるブログを書くには
特化ブログにして、きっちり取材することが重要
というのも同時に言えます。

 

 

なので、雑記ブログを外注で運営しつつ

どんな特化にすればいいかを探っていくのが

スムーズなメディアの拡大方法ではないでしょうか。




まずはブログで毎月3万円稼ぐことから始めましょう

限定特典付きアドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ