ブログの設計図を作成しよう

目安時間:約 6分

%e7%b4%b0%e5%88%86%e5%8c%96

画像:Gruenewiese86

 

こんにちは、牧田です。

ブログのテーマは決まりましたか?

未だって方は、こちらか読んでおいてくださいね。

あなたのブログは何テーマパーク?

 

ビジョンを持って行動すべし

それでは今日は、ブログの将来について考えて行きましょう。

ブログのテーマを考えて、早速作業に取り掛かっても良いのですが、
ブログのテーマをきちんと設定するのって相当大事で、
ブログで稼ぐための作業の70%くらいはここに力を注ぐべきだと
僕は考えています。

テーマをきちんと設定すれば、

  • どんな記事を書けば良いかが見えてくる
  • どこからネタを引っ張って来れば良いかが見えてくる
  • 誰を相手にした記事を書けば良いかが見えてくる
  • どのSNSを使えばいいかが見えてくる
  • どんな言葉を使えば良いかが見えてくる
  • どんな商品が売れやすいかが見えてくる

テーマさえ決まれば、ブログの決めるべき部分が
ほとんど決まってしまうのです。

ただ、テーマを決めたとしても
それが長く続けられるのか
判断がつかないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今日は具体的に何をすれば良いのか
という話をしたいと思います。

 

テーマを細分化しろ

テーマを細分化するとはどういうことかというと
あなたが選んだテーマに関連する単語を
次々とピックアップして欲しいのです。

具体的には・・・

例:コーヒー

・コーヒー豆

産地

・挽き方

粗さ
フィルター

・ドリップ

入れ方
道具

・保存方法

オススメ
冷凍

・効果

便秘
ガン
血圧

 

例えばコーヒーの例をあげてみましたが

コーヒーと言うテーマ一つとっても
コーヒーの情報を求めている方にとっては

  • どうやって挽けば美味しいコーヒーが入れられるんだろうか
  • 挽くときの豆の粗さは?
  • お湯の温度は?
  • 毎日飲んでも身体に悪くないの?
  • 飲んだら便秘が改善するって聞いたけど本当?

など、いろんなことが気になる訳です。

 

なぜ、コーヒーを選んだかというと
専門店で豆を買ってきて家で挽いていれるくらい
僕がコーヒーが大好きだからなのですが。

好きなことほどいろんな事に興味がわきますし、
気になって調べたくなりますよね?

そんな自分と同じように、
世の中にはコーヒーが大好きで
気になっている人が沢山います。

その人のために情報をまとめておけば
あなたがスマホで調べて検索し、
情報を手に入れるように、
他の方も検索して、あなたのブログにやってきます。

 

そうは言っても、そんなに思いつかない

「昨日ブログのテーマを決めたけど、そんなに細分化できないよ。。。」

という方も沢山いることも十分承知しています。

細分化は連想ゲームで、

「コーヒーと言ったら豆」
⇒「豆と言ったら産地」
⇒「産地と言ったらコロンビア」

⇒コロンビア産の豆について記事を書こう!

 

という具合に、連想ゲームでススメていってもらえれば
細分化することができるのですが、それでも詰まってしまう
という方もいらっしゃると思います。

ですので、今日は一つツールを紹介いたします。

goodkeyword:
http://goodkeyword.net/

 

GoogleやYahooで検索すると、予測検索機能で
関連した言葉が出てくると思うのですが、
それを一覧で見ることができるのがこちらのサイトです。

正直なことを言うと、さっきのコーヒーの例のときも
このサイトでキーワードを拾っただけなんですね。

実際にコーヒーで検索するとこうなります:
検索結果はここをクリック

なので、テーマを細分化するときに
かなり効果を発揮してくれることが分かると思います。

 

今日やってほしいこと

それでは、今日も紙とペンを用意して
昨日の課題で出したテーマを
「ツール」「連想ゲーム」
両方を使って細分化してください。

細分化すればするほどブログの奥行きが広がり
詳しくなればなるほど他のブログと差別化できます。

可能な限り細分化してみてください。

 

家も建てる場合、正しく設計図を作るというのが最も重要である。

そしてそれは、ビジネスに関しても同じ。

 

極端に言えば、ブログの設計図を作るために1ヶ月や2か月かかってもかまわない。

僕はそう考えている。

それくらい設計図作成には真剣に取り組まなければならない。

脳みそが汗をかくくらい絞り出して欲しい。

 

それでは。

牧田




ブログで月収3万円を手間をかけずに稼ぐ方法

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

写真

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ