ブログの記事を日々更新しよう

目安時間:約 10分

%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85

牧田です。いよいよ基礎編の最終回「記事の更新」です。

アドセンスの審査結果まだ出ていないという方もいらっしゃるかと思いますが、
まずは無難な記事からでOKですので、あれこれ悩まずに記事を更新していきましょう。

何ごとも勢いというのは本当に大事で、あれこれ悩んでいると
そのうちやる気が無くなってしまいますからね。

これは本当にもったいないですので、
やる気があるうちに記事の更新。

余談ですが、仕事から返ってからよりも、
やる気のある朝に更新するのがオススメです。

 

記事の更新作業のコツ

記事の更新において意識してほしいことは、

完璧主義に陥らず、スピード感を大事にして、1記事を45分くらい書くのを目指す

という事です。

といっても、考えながら1分20文字で合計900文字ですから、
最初から45分はなかなか難しいかもしれないですけどね。

目指すということがかなり重要で、何事も目標を目指さなければ
なかなか上達しませんので、最初からチャレンジだけはしていきましょう。

45分の大まかな流れとしては

  1. タイトル 5分
    25~30文字で検索されやすいキーワードを入れたり、
    興味深そうなタイトルにしたり。タイトルの文字数にこだわるのは、
    「検索結果に31文字しかのらない」
    「キーワードが一致しないと検索結果にヒットしない」
    「ついクリックしたくなるような気になるタイトルの方が記事を見てもらいやすい」
    からです。

    こだわりすぎるのも良くないですが、こだわらないのも良くないです。

  2. 本文 10-30分
    見出しをきっちり入れる。
    行間などや横の長さなどに気を配りながら全体の見た目のバランスも整える。パッと見で読みづらい文章はなかなか読んでもらいにくいです。
    この部分は僕も常に試行錯誤しています。
  3. 動画や画像の追加 5分
    できれば画像には代替テキストをいれておくと良い。代替テキストをいれておくと、Googleの画像検索の結果に出てきますので
    アクセスアップに少し貢献してくれます。
  4. 記事の最終チェック 5分
    アイキャッチ・タグ・カテゴリ編集 等を忘れずに。アイキャッチ忘れると関連記事に画像表示されない。
    タグ忘れると関連記事がむちゃくちゃになるし、検索結果に悪影響。
    カテゴリ編集忘れると、あとで自分の記事にリンクとか貼ろうとしたときに
    記事がどこにあるかわからなくなる。

という感じです。

時間に関しては市販のタイマー使うといいです。
スマホタイマーでもいいですが、LINEとか電話があなたの「仕事」の邪魔をしてくるのが厄介です。
ブログの更新もあなたの仕事であるという意識めちゃくちゃ大事です。

タイマーを使って毎回作業時間を計測しましょう。
計測するものは必ず改善されます。

そして大事なことは、誰だって最初は文章を書くのもタイトルを付けるのも下手ということです。
技術は徐々にですが、必ず、誰でも、向上していきます。

完璧主義にならず、数をこなしていきましょう。

水着などでもアドセンスの規約(アダルトNG)に抵触する場合がありますので、
画像を利用する際は、露出の多い画像は避けましょう。

まずは30記事を目標に、できれば1日3-5記事
1日1記事は必ず書くという感じで更新しましょう。

毎日書くほうが検索結果が上位に表示されやすい傾向にあります。

空いてる時間に常にブログを書くようにし、
下書き状態にして記事を書き溜めておいて、
どうしても書けない日のためにストックしておくのがおすすめです。

ネタ思いついても時間がたつと忘れてしまうので、
小さいノートとか、スマホのメモ帳とか、チャットワークとか、Evernoteとか、
そういうの使えるようになっておいたほうが良いです。

 

とにかくブログは持っておいたほうが良い

これまでブログの作り方を14日に渡ってお話してきましたが
正直めんどくさいと思った方もいるかもしれません。

でも、はっきりいってブログの一つくらいは持っておいたほうが良いです。

だって、ブログはスポーツや勉強とは違って、続けていくだけで十万円とか、
うまく行けば100万円以上の月収を生み出してくれます。

ブログを書くなんてパソコン一台あればできるんですから、
(中にはスマホだけで記事を書いている人だっているんですから。)
ブログが収入の柱のうちの一本にでもなってくれたらめっちゃ安心です。

運良くたくさん稼げるようになったら、

  • 就職活動もしなくてもいい
  • 会社の人間関係に悩まなくても良い
  • 出世を気にしなくても良い
  • 休みの予定に頭を悩ませる必要だってなくなる

なんだかんだと人生の選択肢が圧倒的に広がっていきます。

(世間の連休とずらして、6月とかに旅行したらかなり安いですし。)
しかも最初にちょっとめんどくさい設定さえすれば、
あとで必要なスキルはパソコンで文章を書くだけ。

セールス用のコピーライティング
人前で話すスキル
交渉スキル
アイデア
大きな資金

こういうの全然要らない。

まあ、検索結果が上位になるための工夫とかは
少しぐらい研究しておいた方が良いですが。

それでも「ワードプレス オススメプラグイン」とかで検索して
時間があるときに他の人が書いてるブログを読めば
知識はかなりついてきます。

稼げるようになったら、

メルマガやってもいいし、
ちやほやされるのが好きな人はセミナーやってもいいし、
企業のコンサルティングやってもいいし、

いろいろと「知識と知恵」をリソースとした
ブログ以外の収入の柱を作ることができます。

 

 

こんなのやらない理由は全く無い!

 

なので、やる気が無くなってしまうことがないように、
やる気があるうちにさっさと始めてしまうのをおすすめします。

あなたはすでに、テーマについて真剣に考えたはずです。

「一体何について書けばいいかわからない」という悩みもないでしょう。

一生書き続けることだってできるはずです。

 

私の場合だったら、お金を稼ぐというのがとても好きで
投資もアフィリも一種のゲームのようなものだと思っていますし、
どうすればお金を稼げるのかを考えるのはまったく飽きませし、
友達と飯食いに行ったらその話だけで6時間はいけます。

このブログだって稼ぎ方の中の一つです。

ブログで稼ぐ方法だけを何時間も考え続けられるし、
お金を稼ぐことは、多分、一生関わり続けます。

だから「稼ぐ」というテーマを選びました。

 

だけど世の中、お金を稼ぐことが好きな人ばかりじゃないですよね。

  • 料理
  • 家電
  • 営業
  • バイク
  • 化粧
  • 片付け
  • ファッション
  • 電車
  • 旅行
  • レゴ
  • ペット
  • トレーニング

などなど、ひとによって興味は違います。

 

「日常にありふれていて」
「死ぬまで一生関わり続けるであろうこと」

そういったもので全然問題ないんです。

「掃除」で書くことがなくなったら「片付け」の記事を書けば、
きれい好きの人は喜びますよね。

ずっと最初のテーマにこだわるだけでなく、派生させたりしてもいいです。

どのテーマを選んだとしても、興味がある人は世の中にはたくさんいるので、
工夫次第で何千記事でも書き続けることができます。

 

まるで大学の研究者が死ぬまで研究続けるように、
あなたも死ぬまでブログのテーマについて掘り下げていってください。

 

それだけであなたのブログは、他の誰にも真似できない圧倒的な輝きを放ち、
まるで砂漠のオアシスのように、自然と多くの人が集まってくるでしょう。

 

そして、最終的には

人が集まるところには必ずお金が集まる

何気ないブログが、やがて金脈に変わる日が来ます。

 

それまでコツコツと自分の知識をまとめるために
ブログを活用していただければと思います。

あなたが稼げるようになったら、
私もブログを書いたかいがあります。

 

 

コンビニのバイトとか、
朝刊配達とか、

そういうのをやる感じで、
コツコツとブログを書いていきましょう!

 

それでは。

牧田




ブログで月収3万円を手間をかけずに稼ぐ方法

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ