文章で読者をワクワクさせなければアフィリエイトは失敗に終わる

目安時間:約 12分

ブログを書く上で、
強く意識しなければいけないな~と
思っていることがあります。

 

 

それが何かというと、、、

最初の4行で読者の興味・関心を引くことです!

 

偶然の集客は永久に続かない

僕たちが誰かの文章を読むきっかけって
どういう時かな~って考えたんですね。

 

 

きっかけってめちゃくちゃ大事じゃないですか。

それがないと読んですらもらえないんですから。

 

 

そんなめちゃくちゃ大事な「きっかけ」なんですが、

 

たまたま検索で見かけたとか
Twitterで知ったとか

 

たまたまマッチしたその一回っきりで

ほとんどの場合終わってしまうんですよね。

 

 

読者さん「いいこと知ったー。」

 

 

それで満足して終わり。

 

 

 

でも、これってよくよく考えたら
「偶然の出会い」なんですよね。

 

 

偶然検索してもらった
偶然気になっていた話題がSNSで流れてきた

 

 

そして、偶然ブログに来てくれた。

 

 

 

で、ふと思ったんです。

 

 

いくらGoogleから安定してアクセスがあるからと言って、
そんな偶然を繰り返している状態で、本当に
収益が安定しているといえるのかなと。

 

 

 

出会った時に覚えてもらわねば!

いやいや!上位表示させる方法知ってるし!
実際Googleで上位表示できてるし!
技術があるから全然偶然じゃないし!

 

 

そう考えるのもわかります。

 

 

ただね~・・・

 

 

それって人通りが多い場所に店舗構えたのと同じじゃない?

もしもそこから人通りがなくなったら?
収益0じゃない?  (´・ω・`)

 

 

他の場所で上位表示目指す?
それを繰り返す?

永遠に他のブロガーとの闘いじゃない?

 

 

それってしんどくない?不安定じゃない?

 

 

そう思うんです。

 

 

なので、そういう偶然に任せた集客じゃなくて、

もっと安定して集客するには

どうしたらいいのか?っていうのを考えたんですね

 

 

そして、様々考えた結果、

読者に自分の媒体を気に入ってもらって、
記憶してもらう必要があるなと。

 

 

そして、その最も効果的なタイミングは?

出会った瞬間。
つまり最初の4行だなと。

 

 

そう思ったわけです。

 

 

 

なんで最初の4行なの?

コピーライティングの世界では

 

タイトルは中身を読んでもらうために、
1行目は2行目を読んでもらうために、
2行目は3行目を読んでもらうために存在する

 

みたいな言葉があります。

 

 

なのでもしかしたら、
大事なのはタイトルでしょ?
って思ったかもしれません。

 

 

でもまぁ、そこはいったん
無視してもいいじゃないですか。

 

 

確かにタイトルで興味を引くことはできます。

 

 

でも、そんな30文字程度のメッセージで
覚えてもらうまではさすがに無理だ思うんですね。

 

 

とはいえ、あまり興味を引くことができない
しょぼいタイトルだったとしても、
自分に役に立ちそうだな読者さんに認識してもらえたら、
一定確率で読んでもらうことはできます。

 

(上位表示させてればね。)

 

 

なので、タイトルはいったん無視するとして、
最初の4行で

「むむ!このブログ・・・他とちょっと違う!」

って思ってもらうことができたら。

 

少ないアクセスでも覚えてもらうことができる確率が
ぐっと高くなるってもんじゃないでしょうか。

 

 

あと、最初の4行は、ブログのトップページの
「続きを読む」の前に表示されるので、
トップページでも印象に残りやすいですよね。

 

 

つまり、この部分は
ブログにとっての「顔」だなと
思ったわけです。

 

(そう考えるとタイトルは名前かな。)

 

 

 

読者をワクワクさせ、ファンになってもらわなければ収益は拡大しない

fan

 

これがもしも実際の店舗の場合、
話は別ってもんですよ。

 

 

味が美味しいとか
雰囲気が好きとか

五感で記憶してもらえますよね。

 

 

でも、ブログの場合は違う。

 

 

五感に訴えかけるには?

視覚?じゃあ、デザイン?
まぁ、、、正直あんま見てないですよね。

 

 

有益な情報?
すごい有益な情報を知っても
どのサイトで知ったかとか
僕の経験上あんまり覚えてないです。

 

 

なので、そこで覚えてもらうには、
個性とか文字装飾とか、ひと工夫してキャラクターを登場させるとか。

 

 

いろんな覚えてもらうための工夫を
やっていかなきゃ駄目だなとは思っています。

 

 

これさえできるようになって・・・
リピーターを獲得することができて・・・

 

 

極論、全員が毎回リピートしてくれるようになれば!

 

 

間違いなく人気のブログになりますよね!

 

 

実際の店舗でいえば、
偶然店の前を通りかかった人と
自分の店を目当てに来てくれた人と、
両方が店に来るんですから!

 

 

もしもそうなれば、
仮にGoogleの検索上位表示ができなくなったとしても、
SNSからブログ訪問者を集めたりすれば、
ブログのファンが拡大し続けて、報酬が拡大し続けます。

 

 

 

これはテクニックではカバーできない

そんな偶然のブログ訪問をカバーするための方法なんて
いろいろあるじゃーん!

 

 

メルマガに登録してもらったり~!
LINE@に登録してもらったり~!

 

あるじゃん!あるじゃん!

 

 

はい。言いたいことはわかります。

 

 

ただ、こういうのってすべて、
こっちからアプローチして
自分の媒体にリピートしてもらうための
効果的なテクニックですよね。

 

 

でも、、、

 

それを言ってる人の多くは
その本質が全く分かってないです。

 

 

メルマガにせよ、LINE@にせよ

再訪問を促す「きっかけ」を与える
テクニックでしかないんですよね。

 

 

つまり、きっかけを与えるだけなので、
喜んで読んでもらえてるかどうかは
まったく別の話。

 

 

上手にメルマガに登録してもらって
後日こちらからアプローチして
このサイト見てねー!と言えるのは
非常に素晴らしいことでしょう。

 

 

でも、、、

「こいつのメルマガ面白くなっ!」

って思われてたら?

 

 

「終わり終わり~!か~いじょ!」

 

つながりは即終了。

 

 

つまり、どんなに上手にメルマガやLINE@に誘導しても
もう一度読みたいという「感情」が読者にわかなければ
信頼、認知、収益、それらはまったく積みあがっていかない。

 

 

つまり、自分の媒体は
新規集客をし続けなければならないし
ぜ~んぜん、楽にならない。

 

 

逆にこれが上手にできている人は、
新規訪問が1日10PVとかでも、
どんどんアクセスが積みあがっていくし、
月に数十万円とか数百万円とか収益をあげてしまうわけです。

 

 

すっごいですね~。

 

 

「そんな面白いブログを書くなんて無理無理!」

そう思いますよね?

 

 

僕もそう思います。

 

 

なので、練習として
最初の4行。

 

 

まずはここでぐっと読者のハートをつかむ
訓練をしていかないとな~と思うわけです。

 

 

あなたのブログでも、ぜひ!
普通の情報発信ブログと差別化するために!
最初の4行にギュギュギュっと!

力入れてみてください!

 

 

絶対結果が変わってきますので。

 

僕も頑張ります(`・ω・´)

 

 

ということで!

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

それでは~。




ブログで月収10万円

アドセンス攻略メール講座
メールアドレスを入力ください
 

写真

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. どうもこんばんは
    ヨハネス@元警備員です。

    先日はブログへの訪問ありがとうございます。

    読者をわくわくさせるというのが大事ということや
    最初の4行が大事というのは中々参考になりますね。

    簡単のようでなかなか難しいことだとは思いますが
    意識していきたいところでもありますね。

    応援しております。

    • 牧田あきとも より:

      ヨハネス様
      コメントありがとうございます。

      ブログも漫才なんかと同じで
      最初に読者さんの心をつかめば
      話の内容までお付き合い頂けますからね。

      確かに言うのは簡単で、
      実践するのは簡単ではないですが、
      意識して上達していきたいものです。

  2. こんにちは浅葉といいます。

    文章の冒頭は重要に共感します。
    ですが、かなり難しいですね。

    ものすごく考え込んでしまいます。

    応援クリックしました。

    • 牧田あきとも より:

      浅葉様。

      コピーライティングを学ばれてる浅葉様に
      共感いただけてうれしいです!

      やはり文章は読み手の感情を動かすものじゃないとですね!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ